翌月決済のPaidy、経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」登録完了

翌月決済が可能なオンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を提供する株式会社Paidyが5月13日(月)、経済産業省が実施するキャッシュレス・消費者還元事業」においてA型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)およびB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)として登録が完了しました。

「キャッシュレス・消費者還元事業」のA型・B型決済事業者に

消費税が10%に引き上げられる2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済を使ったポイント還元などの支援を行う「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されます。
消費者は中小・小規模事業者においてキャッシュレス決済を利用することで、ポイントなどの還元を受けられるようになります。

Paidyはクレジットカードが不要で、コンビニ支払いや口座振替・銀行振込による翌月払いが可能な決済サービスです。
「キャッシュレス・消費者還元事業」を通して、国内のキャッシュレス市場のさらなる拡大や活性化に貢献していくといいます。

Paidyはこちら

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。