BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

医療機関におけるブロックチェーン技術の活用に向けた実証実験が完了

Planetway Corporationは、東京海上日動火災保険株式会社とともに、高いセキュリティーのデータ連携基盤「avenue-cross」をブロックチェーン技術と組み合わせた医療情報連携の実証実験が完了したと発表しました。

ブロックチェーン技術が医療の現場で役立つ

Planetway Corporationは、東京海上日動火災保険株式会社の実証事業へ自社のデータ連携技術を提供し、医療機関などにおけるブロックチェーン技術の活用に向けた実証実験を終えました。
東京海上日動は、高セキュリティー技術を適用したデータ連携基盤「avenue-cross」と、従来のブロックチェーン技術を組み合わせたモデルを、医療情報連携に活用する実証実験を実施していました。これは、ユーザーの保険金請求に関わる医療情報をブロックチェーンを通じて医療機関に要求し、avenue-crossを通じてデータを受領することで、医療情報に対するセキュリティーを確保しつつ、保険金支払業務の簡略化・迅速化が実現可能かを検証するものです。

この実験により、保険会社と医療機関の間で、契約内容や医療情報などの重要データが、安全を担保したうえで連携することに成功しました。将来的な保険金支払いの簡略・迅速化の可能性を示せたといいます。
保険や医療などの分野でもブロックチェーンが活躍する日は近いようです。

ブロックチェーンの弱点を補う

ブロックチェーンは、決済や取引の自動化など画期的な技術として多方面から注目を集めています。しかし、ブロックチェーンにおける暗号化技術の利用は不正や改ざんを防止するためのもので、取り扱うデータそのものは暗号化されていないことから、機密情報や個人情報などを扱う上で課題があるとされていました。
今回の実証実験を通して、ブロックチェーンとavenue-crossを組み合わせることで、秘匿性の高いデータを扱う領域におけるブロックチェーンの活用の可能性が示せたことになります。今後、東京海上日動は、幅広い分野でのブロックチェーン活用による新たなユーザー価値の創出や革新的な業務効率化を検討するとしています。

Planetway Corporationについて

Planetway Corporation (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO & Founder: 平尾憲映)は 、2015年7月に設立され、グローバル通信、IoT、データの3つのキーワードを事業の柱として、世界規模のビジネス展開を目指しています。現在、世界200ヶ国で利用可能な通信サービスを提供しながら、IoTの新規事業創出に特化したプラットフォーム「avenue」を開発中。開発拠点をエストニアに置き、avenueのコアテクノロジーであるCross-Industry Data-Accessに特化した「avenue-cross」を活用しながら広く社会全体へ貢献していくとしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial