ニュースまとめ

GMOコイン、現物・レバレッジ取引のAPIリリース

仮想通貨販売所GMOコインが取引所取引(現物・レバレッジ)のAPIをリリースしました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

2種類のAPIを提供開始

以下、プレスリリースより引用。

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆、以下GMOコイン)は、GMOフィナンシャルホールディングスグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して仮想通貨のお取引ができる環境を提供しています。
この度、GMOコインは、取引所取引(現物・レバレッジ)のAPIをリリースいたしましたので、お知らせいたします。

APIについて

お客さまの利用用途に応じて、以下2種類のAPI(Application Program Interface)を提供いたします。

1)Public API
認証不要で利用できるAPIで、以下の機能を提供いたします。
・最新レートの取得
・板情報の取得 等

2)Private API
認証が必要なAPIで、以下の機能を提供いたします。
・注文(新規、決済、変更、キャンセル、一括決済)
・余力情報の取得
・資産残高の取得
・建玉情報の取得
・注文・約定情報の取得 等

APIの対象サービス

・取引所取引(現物・レバレッジ)

GMOコインは、今後ともお客さまの多様なニーズにお応えし、より使いやすく、より利便性の高いサービスを提供するために邁進してまいりますので、GMOコインをどうぞよろしくお願い申し上げます。

APIの詳細について

https://coin.z.com/jp/corp/product/info/api/

APIドキュメント

https://api.coin.z.com/docs/

GMOコイン株式会社

会社名   GMOコイン株式会社
所在地   東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表者   代表取締役社長 石村 富隆
事業内容  仮想通貨の交換・取引サービスの提供
資本金   17.58億円(準備金含む)
登録番号  関東財務局長  第00006号(仮想通貨交換業)

GMOコイン株式会社について

GMOコイン株式会社は2016年10月に、GMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業に登録されました。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、仮想通貨のお取引ができる環境をご提供しています。GMOコインは、安心No.1の仮想通貨交換業者を目指すとともに、仮想通貨業界の発展に貢献してまいります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!