台北市がIOTA(アイオタ)と提携。ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指す

台北市がIOTA(アイオタ)と提携。ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指す

台湾の台北市はIOTA(アイオタ)と提携し、ブロックチェーンを使った市民サービスの提供に乗り出しました。

最初のプロジェクトは「市民IDカード」の作成

台北市情報技術局のWei-bin Lee局長によれば、台北市はアジアでも珍しい、ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指しています。IOTAが提供する独自の技術が、台北市民をスマートシティの新しい時代へ導くことになるとのことです。

IOTAは、「IoT(Internet of Things)」のための「Tangle(タングル)」と呼ばれる技術を発明しました。取引の高速処理や手数料ゼロを実現しており、IoTの実用化に取り組む自動車業界からも期待されています。

最初のプロジェクトは、このTangle技術で構築された市民IDカードの作成です。 「TangleID」と呼ばれ、身元情報の盗難や不正投票のリスクを排除するとともに、行政関連サービスのデータや健康履歴を記録・追跡することができるようになります。
また、IOTAはすでに、光や温度、湿度、および汚染を検出するセンサーを備えた手のひらサイズのカードを作成するプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトは、台北市民に大気汚染に関する最新情報をリアルタイムで提供することを目的としています。
IOTA財団の共同設立者であるデイビッド・サンステバ氏は「IOTAは実社会で使用される用意ができており、単なる理論以上の物となった」と語っています。


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
台北市がIOTA(アイオタ)と提携。ブロックチェーンを活用したスマートシティを目指す
最新情報をチェックしよう!
WRITER