アメリカンエクスプレスがRippleを使用した即時支払いシステムの実装を完了

大手クレジットカード会社「American Express(アメリカン・エキスプレス)」が、仮想通貨リップル(XRP)を使用した即時支払いシステムの実装を完了しました。

昨年11月に業務提携

以前BITDAYSでもお伝えしましたが、Ripple(リップル)社とアメリカン・エキスプレスは、昨年11月にリップルネットワークを使った国際送金について業務提携を結んでいました。そして遂に、今年1月、リップルによる即時支払いシステムの実装を完了したようです。
リップルのシステムを導入することで、クレジットカードの国際送金事業においても課題とされていた即時決済や送金手数料などの面で、より効率的で早く、安全に、かつコスト削減を実現する狙いです。現在、これらの取引はイギリスに拠点を置く企業に資金を送付するアメリカ法人の顧客に限定されていますが、今後はより広い範囲での利用が予定されています。
リップル社とアメリカン・エキスプレスの両社は、今回のパートナーシップの成功を確信しているようです。二社の提携は、ブロックチェーンの普及に貢献すると言えるでしょう。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰