BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)、セキュリティ対策室設置

国内大手の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社は、2018年1月29日、新たに「セキュリティ対策室」を設置したと発表しました。

セキュリティ対策に尽力

テックビューロ株式会社は、取引所Coincheck(コインチェック)における仮想通貨盗難事故を受け、「セキュリティ対策室」を設置しました。セキュリティ対策室長には、テックビューロ代表の朝山貴生氏が就任し、これまでの体制に加え、専業の専門家の雇用や連携を強化するとのことです。
仮想通貨や現金を預かる取引所として、データの暗号化やマルチシグの採用、コールドウォレット化の採用をはじめ、あらゆる手法を用いてその保全に尽力するとしています。これまでは、管理部と開発部によってセキュリティ対策を実施していましたが、社内に改めて「セキュリティ対策室」を設置することによって、セキュリティ体制を円滑化・強化を目指しています。

セキュリティ強化の内容は?

以下、公式サイトから引用。

<更なるマルチシグの強化>

ウォレットがすでにマルチシグ化されている通貨を含め、更なるマルチシグ環境の強化を実施します。
・マルチシグにおける署名サーバー環境の更なる分散化
・マルチシグにおける署名手順の更なる複雑化

<ホット・コールドウォレット環境の強化>

既存の厳格なルールから、更なるセキュリティ強化のためコールドウォレット優先化を実施します。
・ホットの比率の見直しと、コールドの比率の引き上げ
通常、ユーザーの入出金に合わせた残高をホットウォレットで管理するが、更に高度な残高予測アルゴリズムを導入することにより、その数値を最小限にとどめる。
ただしコールドウォレット優先化に伴い、引き出し制限により「すぐに引き出せないことがある」など、一部ユーザー体験を損なう可能性があるが、セキュリティ優先の旨をユーザーに徹底周知する。

<セキュリティ監査体制の強化>

専門人員の雇用を含め、社内、社外におけるセキュリティ監査体制の更なる強化を実施します。
・社内の監査と社外の監査の連携、およびそれらの相互活用により、監査の実効性の更なる向上を図る
・セキュリティ対策室に専門家を起用
・外部セキュリティ対策・監査サービスの利用
・セキュリティツールの導入

<インシデント時における対策と体制の強化>

セキュリティ対策室の設置により、過去インシデント対応で直面した問題への対応を含め、以下のような現状の改善を実施します。
・顧客への個別ヒアリング、内部ログの監査、取引データの精査など、時間を要していたプロセスの迅速化
・オペレーション(サポート)部門との調査における連携の強化と、お客様への情報提供の迅速化
・広報部との連携の強化と、お客様やメディアへの情報提供の迅速化
・管理部との連携の強化と、各省庁への情報提供・共有
・瑕疵や過失の特定の迅速化
・補償の有無やその内容の意思決定の迅速化

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial