リップル社、送金大手のマネーグラムにxRapidを導入 仮想通貨XRPを活用

ブロックチェーンを基盤とした国際送金サービスを展開するRipple(リップル)社が、アメリカの大手国際送金サービスMoneyGram(マネーグラム)と戦略的提携を結んだことが発表されました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

MoneyGramがxRapidを正式導入

MoneyGramはニューヨーク証券取引所に上場しており、200ヵ国にある郵便局など約35万箇所への送金が行えます。2018年には、仮想通貨XRPを利用した送金システムであるxRapidの試験導入を実施していました。

リップル社は今回MoneyGramに対し5,000万ドル(約54億円)を出資。MoneyGramは2年間正式にxRapidを導入するとしています。
リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「これは国際送金サービスを変革する上で画期的で大きな出来事であり、長期にわたる非常に戦略的な提携を期待している」と述べています。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。