PayPay(ペイペイ)、経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録受付を開始 10月より最大5%還元へ

スマホ決済サービスのPayPay(ペイペイ)が本日6月24日(月)より、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録受付を開始しました。

PayPayの「キャッシュレス・消費者還元事業」対象加盟店で最大5%還元

消費税が10%に引き上げられる2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、国の支援による「キャッシュレス・消費者還元事業」が実施されます。
消費者は本事業の加盟店となった中小・小規模事業者においてキャッシュレス決済を利用することで、ポイントなどの還元を受けられます。

PayPayも5月に本事業のA型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)およびB型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)として登録が完了済みです。
本日から受付を開始したPayPayの「キャッシュレス・消費者還元事業」加盟店の対象事業者になることで、消費者へ5%(フランチャイズチェーンなどは2%)還元を実施することができます。

おすすめ記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。