シンガポール航空、ブロックチェーンを用いたマイレージアプリを提供予定

シンガポール航空は、自社のマイレージプログラム「クリスフライヤー」の会員に向けて、ブロックチェーン技術を用いたマイレージアプリを提供する予定であることを発表しました。

マイクロソフト社やKPMGデジタルヴィレッジ社と提携しアプリを開発

シンガポール航空はマイクロソフト社やKPMGデジタルヴィレッジ社などの企業と提携し、ブロックチェーンを用いたアプリを開発。実証実験の結果、「実用できることが証明された」と発表しました。現在はこのプログラムに加盟する企業や店舗を募集しており、アプリは2018年8月にリリース予定です。
このアプリが実用化されると、クリスフライヤーの会員は加盟店舗での商品やサービスをマイルで決済が可能となるとされています。

ブロックチェーン技術を積極的に導入する航空業界

オーストラリアのブリスベン空港で仮想通貨決済の導入を予定していることや、カナダとオランダの政府が提携し入国管理にブロックチェーンを導入する試験的な枠組みを発表したことなど、最近の航空業界ではブロックチェーン技術に積極的な姿勢が見られます。
法律や法定通貨が異なる国同士を結ぶ航空業界で、こうした取り組みが広がることが期待できそうです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰