スペインのサンタンデール銀行、リップルを利用しモバイルアプリをリリース予定

スペインの大手銀行であるサンタンデールは、2018年の第1四半期にリップルのxCurrentを搭載したモバイル決済アプリをリリースする予定だと発表しました。

ブロックチェーン技術で国際的な決済をおこなう世界初の銀行

サンタンデール銀行が1月31日に開催した2017年の業績説明会において、スペインやイギリス、ブラジル、ポーランドの一般消費者向けにリップルのプロダクトxCurrentを用いたモバイル決済アプリを2018年の第1四半期にもリリースする予定であることを明かしました。このアプリが実現すれば、ブロックチェーンを利用して国際的な決済をおこなう世界で初めての銀行になります。

海外への送金を1分以内で実現

同説明会では、アプリにデジタルウォレットをはじめ個人向けファイナンスマネージャーのほか、P2P決済をサポートする機能も搭載する予定と発表。またアプリを18か月間に渡り従業員の間でテストをおこない、Apple Payを利用し10~10,000ポンド(日本円で約1500~150万円)の支払いができることを確認しているそうです。

実用化が進むリップル

世界中の大手銀行や企業との提携、技術の実用化が進むリップル(Ripple/XRP)。不安視されている仮想通貨市場のなかでも、前向きなニュースで投資家をにぎわせています。2018年はさまざまな場面で実用化が期待されるため、今後の動向にも注目です。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信