経済誌フォーブスが「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表

毎年春に発表する世界長者番付で広く知られる経済誌「Forbes(フォーブス)」が、2月7日、史上初となる「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表しました。

首位はリップル創業者

フォーブスは、世界有数の経済誌です。本社はニューヨークにあり、日本版を含む32の国際版を持ち、毎年春に発表する「世界長者番付」で広く知られています。

このフォーブスが初めて「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表しました。発表されたランキングによれば、第1位はRipple(リップル)の共同創業者で元CEOのクリス・ラーセン氏。ラーセン氏は2018年1月時点で52億XRPを保有しており、XRPの価値は急落したものの、ラーセンの資産額は75~80億ドル(約8200~8700億円)と推定されています。

続く第2位は、イーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービン氏で、資産額は10~50億ドル。第3位は、仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」のCEOを務めるChangpeng Zhao氏で、資産額は11~20億ドル。なお、Changpeng Zhao氏は今月2月末に発売予定のフォーブス米国版の表紙を飾っているそうです。

ランキングのトップ10は

今回のランキング、上位10名は以下の通りです。

1. クリス・ラーセン(リップル共同創業者):75~80億ドル
2. ジョセフ・ルービン(イーサリアム共同創始者):10~50億ドル
3. Changpeng Zhao(バイナンスCEO):11~20億ドル
4. ウィンクルボス兄弟(Winklevoss Capital共同創業者):9~11億ドル(各自)
5. マシュー・メロン(個人投資家):9~10億ドル
6. ブライアン・アームストロング(コインベースCEO):9~10億ドル
7. マシュー・ロスザック(Bloq共同創業者):9~10億ドル
8. アンソニー・ディ・イオリオ(イーサリアム共同創業者):7.5~10億ドル
9. ブロック・ピアス(Bitcoin Foundation会長):7~10億ドル
10. マイケル・ノボグラッツ(ギャラクシーデジタルCEO):7~10億ドル

資産額については、基本的には各人のコインの保有量を推定し、1月19日時点の価格をもとに税引後の利益を資産額としています。また、値動きが激しい仮想通貨の性質を考慮して、ある程度の幅を持たせた推定値になっているようです。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信