BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

米クレジットカード処理業者、ライトコインによる決済機能の提供を開始

アメリカのクレジットカード処理プロバイダー「Aliant Payment Systems」は、EC事業者などのマーチャント向けに提供している決済ソリューションにおいて、新たにライトコイン(LTC)での支払いを受け付ける機能を提供すると発表しました。

公式サイトはコチラ

ビットコインやイーサリアムに続いてライトコインも

Aliant Payment Systemsは、カナダのNetCents Technology社と提携しており、仮想通貨による決済の処理プラットフォームを構築、マーチャント(商業者)に提供しています。2017年からすでにビットコイン(BTC)にとイーサリアム(ETH)での支払いを受け付ける機能を提供していますが、そこへ新たにライトコイン(LTC)を加えるとしました。

Aliant Payment SystemsのCEOであるEric Brown氏によれば、「我々のマーチャントはお金を確実かつ安全に、コスト効率がよい形で移動する革新的な方法を求めている。仮想通貨であれば我々はそれらすべてを満たした形でお金を移動することができ、消費者に対してより多くの支払いオプションを提供できる。我々は、レストランやバー、ガソリンスタンドやカフェなど日常的に行く場所において、ライトコインが毎日の支払い手段としてより存在感を増してくると考えている」とのこと。

対応する通貨については、知名度や安定性を考慮したうえで、ビットコインやイーサリアム、ライトコインを選定したとしています。また、ビットコインが高額な商品の支払いに使用されているのに比べ、ライトコインはより少額な商品の購入において魅力的だとし、Segwitによる決済速度の向上と手数料の削減が期待できると説明しています。

Aliant Payment Systemsについて

Aliant Payment Systemsは、アメリカのフロリダ州に本拠を置くクレジットカード処理業者であり、15年以上にわたりあらゆる規模の企業と提携してきました。世界中の電子商取引、モバイル・ベンダーがさまざまな決済フォームを受け入れられるようにし、クレジットカード決済機器、ATM、支払い技術の完全なラインを提供しています。イーコマースを手がけるマーチャントに対してだけではなく、スマート決済端末の「Poynt」を通じた小売店向けもソリューションも提供しており、店頭における仮想通貨支払いにも対応しています。

ビットコイン決済の普及は群を抜いていますが、これを機に、ライトコイン決済の普及にも期待がかかります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP