BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

微量血液検査システム「Lifee(ライフィー)」、ブロックチェーン利用で追加開発

株式会社マイクロブラッドサイエンスは、微量血液検査システム「Lifee(ライフィー)」で集積した血液検査データをより安全に管理すると同時に、ブロックチェーンを用いた新しいシステムを追加開発することを発表しました。なお、ICO(Initial Coin Offering)を実施し、国内外から広く資金調達をするとしています。

血液検査のデータ管理にブロックチェーン活用

微量血液検査システム「Lifee(ライフィー)」は、2017年から日本国内で稼働しています。
専用キットを用いて目薬1滴分の血液を採血し、これを微量血液専門の検査所に送付することで、簡単に病院と同じレベルの高精度の検査を受けることができるというものです。検査結果は、利用者のスマートフォンへ送付。知りたい数値を瞬時に把握できるほか、医師や看護師から運動・栄養指導などを受けることもでき、がんや心血管障害、生活習慣病などの早期発見・早期予防につなげることが可能です。

さらに、今回発表した新システムには、ブロックチェーンによるデータ管理機能や、人工知能(AI)監視コメント機能、ポータブル検査装置による迅速微量血液検査機能などが追加される予定です。現在、国内で独自領域として提供されているさまざまな医療・健康関連サービス機能が統合され、より実践的な健康管理ツールとして期待されています。

株式会社マイクロブラッドサイエンスについて

株式会社マイクロブラッドサイエンスは、健康増進、予防医療、セルフメディケーションを目指す企業です。「Lifee」に代表されるように、いつでもどこでも簡単に採血できる微量採血デバイス、健康状態の数値をスマートフォンで簡単に確認できるシステム、ネットワークでのデータ管理で、連携・運用を支援するラボ展開の仕組みなどを開発してきました。
2018年から微量採血検査をベースとした次世代ヘルスケアシステム事業を本格的にスタートさせるとして、ブロックチェーンを用いた次世代ヘルスケアプラットフォームを開発することを決定しました。

なお、このプラットフォームの構築にあたり、ICO(Initial Coin Offering)を実施予定です。ホワイトペーパーの内容、販売するトークンの仕様、および実施時期については、詳細が決まり次第、情報公開とのことです。

会社名:株式会社マイクロブラッドサイエンス(MBS)
代表者:代表取締役 岩澤肇(イワサワハジメ)
業種:微量血液検査専門の分析
設立:2006年6月17日
資本金:3000万円
URL:http://www.microbs.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial