ドバイの高級マンション50戸がビットコイン決済で成約済み

イギリスのランジェリーブランド「Ultimo(ウルティモ)」の創設者であるMichelle Mone氏とそのパートナーで資産家のDouglas Barrowman氏が、昨年9月からビットコイン(Bitcoin/BTC)建てで売りに出していたドバイの高級マンション50戸の販売が完了したことが明らかになりました。

ワンルームの価格は15.5 BTC

2017年9月にドバイで約350億円かけて建設が始まった高級マンション「Aston Plaza and Residences」は、2020年までに完成予定としています。プロジェクトの開始発表時に、Mone氏とBarrowman氏は、このマンションの1,300戸のうち150戸をビットコイン建てでで売りに出すと約束していました。
発表によれば、今年2月までに50戸の販売を完了しているそうです。また、Mone氏によると、購入者の一部は2戸づつ購入しており、中には一人で10戸を購入した人もいたといいます。

ビットコインで売りに出されたマンションは、プール、映画館、ショッピングモールを含む複合施設となっています。部屋の値段は、1戸15.5 BTC(約1,400万円)のワンルームタイプから、1戸45 BTC(約4,100万円)の2LDKタイプまであります。
さらに、マンション購入者は、室内のインテリアもビットコインで支払うことができ、決済については、ビットコイン決済の大手「BitPay(ビットペイ)」が担当しているそうです。

Barrowman氏は、今も問い合わせを受け付けているようですが、次回のリリースについてはまだ未定としています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰