ヒップホップ界のレジェンドJayZがロビンフッドに投資

ヒップホップが好きな人なら誰もが知っている世界的に有名なラッパーのJayZ。2008年、彼によって設立されたエンターテイメント会社Roc Nationが、暗号化取引プラットフォームを運営するRobinhoodに投資したことがわかりました。

ロビンフッドへの投資の概要

Roc Nationの子会社であるArriveは、金融市場のアクセシビリティ向上のためにRobinhoodへと投資したそう。もはやひとつのアイコンとしてあまりに有名なJayZからの投資は、現代における仮想通貨の重要性をより際出たせるものとなりそうです。

Robinhoodとはどんな会社?

革新的な株取引ツールで有名なRobinhood。2018年1月には手数料無料の仮想通貨取引に乗り出すことでも大きな話題となりました。現状はビットコイン、イーサリアムの取り扱いにとどまっていますが、今後は少しずつ取扱通貨も増やしていく予定で、アメリカにおける仮想通貨取引所の勢力図を変えることはもちろん、仮想通貨取引の敷居を下げる意味でも大きな期待が持たれています。

JayZってどんなミュージシャン?

JayZは1969年アメリカ生まれのラッパー。馴染みのない人にとってはビヨンセの夫と言ったほうが伝わりやすいのかもしれません。全米チャートでのミリオンセールスを指すプラチナ・ディスクの数は両手でも足りないほどで、誰もが知っている音楽の祭典グラミー賞も受賞したことがあります。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信