米大手金融企業ウエスタンユニオン、リップル活用の送金テスト実施

アメリカの大手金融・通信企業「Western Union(ウエスタンユニオン)」がリップルネットワークを活用した取引を試験的に行っていることが明らかになりました。

リップルとウエスタンユニオン提携の噂は本当か

Ripple(リップル)社は今年1月に、世界的な送金企業5社のうち3社と提携したと発表しており、世界的な金融・通信企業のウエスタンユニオンはその提携先の1社として噂されていました。

世界的な金融・通信企業ウエスタンユニオンの最高財務責任者(CFO)は、リップルネットワークを使った送金はまだビジネスで活用できる段階ではないとしたうえで、リップル社の暗号通貨プラットフォーム技術を使ってトランザクションを実験していることを明らかにしました。また、ウェスタンユニオンはリップルの通貨である「XRP」もテスト中とのことです。
ウエスタンユニオンが送金を促進するためにリップルネットワークの使用を計画していることは明らかになりましたが、作業はまだ試験段階のようです。いまだリップル社のすべての提携先が公表されていないため、今後の正式発表に期待が高まります。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信