リップル、サウジアラビアの中央銀行と提携

アメリカのRipple(リップル)社は14日、中東サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA)と提携して、同社のクロスボーダー決済に関する技術支援を同国の銀行に対して行うと発表しました。

公式リリースはコチラ

リップル、遂に国家規模の提携


今回は、中央銀行との提携です。リップルにとって初の国家ぐるみのプロジェクトとなります。リップル社は、これまで数多くの大手金融機関や送金業者と提携してきましたが、今回の提携は特に大きな話題となるのではないでしょうか。

SAMAとリップル社は、サウジアラビアの銀行が「xCurrent」を使用できるように試験的なプログラムを共同開発したとのことです。「xCurrent」とは、クロスボーダー決済を即時に行うことができるソリューションで、送着金をリアルタイムで確認することができます。「xCurrent」を使用することで、支払いインフラストラクチャを改善するとしています。
こうした試験的プログラムを国立銀行が立ち上げるのは珍しいことですが、これによってプログラムに参加するサウジアラビアの銀行はクロスボーダー決済に「xCurrent」を使えるようになります。また、SAMAは、自国の銀行を支援するために、規制緩和策やプログラムマネージメント、トレーニングなども行うようです。

リップル社のインフラ・イノベーション部門のグローバル責任者であるDilip Rao(ディリプ・ラオ)氏は、以下のように述べています。

世界中の中央銀行がブロックチェーン技術を受け入れつつある。ブロックチェーン技術がクロスボーダー決済に変革をもたらし、貿易と商取引を行ううえでの企業と消費者双方の障壁を引き下げるということを認識しているからだ。SAMAは、リップル社の革新的なブロックチェーン・ソリューションを利用することで、即時決済ができるようにしたいという自国の銀行の要望に対して必要なものを提供する、最初の中央銀行として世界的をリードしている。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!