NEC、世界最速の取引を可能にするブロックチェーン技術を開発

NECおよびNEC欧州研究所は15日、取引記録に参加するノード数200ノード程度の大規模接続環境下で、世界最速となる毎秒10万件以上の記録性能を達成するブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したことを発表しました。

NECはブロックチェーンの弱点を克服

今回NECが開発した技術は、世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能があり、ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速させる見込みです。

ブロックチェーンは、複数の参加者がデータの記録・共有を行うことで、データの保証や改ざん防止を行いますが、記録速度や参加ノード数の拡張性という点に課題がありました。また、すべての参加者がすべての記録を見ることができるため、個人情報や企業秘密を記録するには支障があると、データの秘匿性についても問題視されていました。

そこでNECは、記録性能、参加ノード数で従来を超える性能を持つ合意形成アルゴリズムを備え、かつ関係者外からデータを秘匿可能なソフトウェアを開発。これにより、参加ノード数が200ノード程度の大規模環境下で毎秒10万件以上の記録性能を実現しました。高速性と安全性の両面で世界一の性能を実現したうえ、IoTデバイスからの高速参照も可能にしたといいます。

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、今回開発したブロックチェーン向け技術によって、金融機関における本人確認業務の効率化や、スマートグリッドにおける電力取引の決済効率化の実現に貢献していくとしています。

NECでは、現在取り組んでいる金融機関との実証実験を進めるとともに、今後は金融以外への応用も視野に入れ、社会インフラに要求される性能や機能を実現するブロックチェーンおよび上位レイヤーの研究開発を進めるとしている。

公式リリースはコチラ

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信