アメリカ・アリゾナ州、仮想通貨による納税を認める法案が上院を通過

日に日に私たちの暮らしに浸透しつつある仮想通貨。中国や韓国のように、仮想通貨について否定的なスタンスをとる政府もありますが、その一方で肯定的なスタンスの政府もあります。海の向こう、アメリカは肯定的なスタンスをとる国家のうちのひとつ。アリゾナ州では仮想通貨での納税へ向けて大きな一歩が踏み出されたようです。

仮想通貨による納税を認める法案が、アリゾナ州議会上院を通過

仮想通貨による納税を認める法案は、1月に財政委員会を通過、2月8日にはアリゾナ州議会の上院をも通過しました。今後下院を通過することがあれば、数年後にアリゾナ州は仮想通貨による納税が可能な米国初の州となる見通しです。

A taxpayer may pay their income tax liability using a payment gateway, such as bitcoin, litecoin or any other recognized cryptocurrency, using electronic peer-to-peer systems.
(納税者はP2Pシステムを利用して、ビットコイン、ライトコイン、あるいは他のいくつかの仮想通貨で納税することができます)

このアリゾナ州の大きな一歩を皮切りに、テネシー州やワイオミング州、カンザス州、ニューハンプシャー州、モンタナ州でも仮想通貨を合法化していく動きがあるそう。このような動きが仮想通貨がさらに浸透していくきっかけとなるかもしれません。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信