BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

ブロックチェーンを基盤としたデータプラットフォーム「Datachain」の構想を発表

株式会社Speeeは、2018年2月20日、ブロックチェーンテクノロジーを基盤としたデータプラットフォーム「Datachain」の構想を発表しました。「Datachain」を通して、世界中のデータをブロックチェーンによって安全に共有できるような社会の実現を目指すとしています。2018年夏には実証実験を開始する予定で、仮想通貨交換業についても登録申請に向けて準備中のようです。

Datachainについて

以下、公式リリースより引用。

「Datachain」は、ブロックチェーンテクノロジーとトークンエコノミーを基盤とした、今まで世の中に出てこなかったデータを取引し活用することができるデータプラットフォームです。ブロックチェーンテクノロジーをベースとしたDMP(Data Management Platform)を構築し、マーケティング領域におけるデータ流通を革新します。

中央集権的なサーバにデータをそのまま共有する形式では、匿名性が比較的高いWebの行動ログは共有できたとしても、基幹DBにあるような、オンライン・オフラインの購買データ、来店データ、会員データ、ジオデータなど基幹データの共有はできませんでした。

「Datachain」では、暗号化及び匿名加工情報化を行うことによってプラットフォーマーが直接データを読み取れない形式にし、クローズドデータの共有を可能にします。また、ブロックチェーン技術の特性の一つであるスマートコントラクトと透明性の高いログによって「誰に」「どのデータを」「どのように」活用してもらうか柔軟にコントロールでき、その全てがログとして残ります。

上記によって、自社の機密データを、第三者に閲覧されることなく、また意図しない形式で、意図しない相手に利用されることなく、安全に取引することが可能になります。また、データに前処理を施すのではなく、オンデマンドに解析することによって、多様なアプリケーションに連携できるようになります。

また、「Datachain」では独自のトークンを発行し、データの流通を加速させる「データ取引の基軸通貨」をつくります。Datachain Tokenによって、これまで法定通貨で示せなかったデータの価値を、暗号通貨として可視化します。

トークンエコノミーがDMPを革新するポイントをCost Free、Zero Margin、Fair Trade、Token Policyの4つにまとめています。
それぞれが、Datachainのエコシステムを活性化させるために、設計されています。法定通貨ゼロによってエントリーしやすくし(Cost Free)、データ取引マージンをゼロにしてトランザクションにおける摩擦をなくします(Zero Margin)。
データの公正な価値評価をし(Fair Trade)、トークン経済圏の金融政策を行うことで(Token Policy)、安定的なプラットフォームを実現します。

株式会社Speeeについて

以下、公式リリースより引用。

株式会社Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。
弊社はデジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業、医療事業や東南アジアでのHR事業、そして新規事業としてブロックチェーンデータプラットフォーム「Datachain」の開発など幅広い領域に展開しています。
提供するサービスにはネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」、不動産査定サービス「イエウール」などがあります。

会社名:株式会社Speee(Speee, Inc.)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
    〒106-0032 東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア2階
設立:2007年11月29日
資本金:19,015,000円
事業内容:デジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業
URL:https://speee.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP