カナダの銀行、仮想通貨のためのデジタル金庫を提供

カナダの銀行「VersaBank」が、仮想通貨などデジタルアセットセキュリティーの必要に応えるべく、今年6月までに利用可能なデジタル金庫を作成していることが明らかになりました。

その名も「Versavault」

カナダの銀行VersaBankは、デジタルアセットを保管するための新しい金庫として「Versavault」を開発中です。
VersaBankは最近、セキュリティー関係の大手企業「Blackberry Ltd.」から、サイバーセキュリティ専門家であるGurpreet Sahota氏を雇用していました。
アメリカのビジネス誌「Bloomberg(ブルームバーグ)」によれば、Sahota氏がコンピューターサーバーにデジタルアセットを保管する「VersaVault」のデザインを監督するとのことです。

VersaBankのCEOであるDavid Taylor氏は、ほとんどの人の資産は、契約、証書、仮想通貨など、ある種のデジタルフォーマットに含まれていると述べています。

VersaBankは、金庫の中身にアクセスすることも内容を知ることもできないため、顧客のプライバシーは保証されています。
また、通常のハッキングは、インターネットに接続している状態の「ホットウォレット」から侵入されることで起こります。多くの資産家たちが「VersaVault」で保管することに高い関心を示しているようです。

デジタル金庫はこれが初ではない

デジタルアセットセキュリティーの必要性に応えたのは、VersaBankが最初ではありません。
香港に本社を置く「Xapo Inc.」は、4年前から安全性の高いビットコインストレージを提供しています。
また、トロントに本拠を置き、7ヶ国でゴールドなどの売買・保管を行う企業「Goldmoney Inc.」も新たにビットコイン保管サービスの提供も開始しました。

そして、韓国大手の「新韓銀行」は、2017年11月に「当局の認可を受ければ、2018年中ごろまでに “ビットコイン金庫” のサービスを提供する」と発表しています。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信