ニュースまとめ

ブラジル最大の銀行など新たに5社がRippleNetに加盟

アメリカのRipple(リップル)社は21日、ブラジル最大の銀行Itaú Unibanco(イタウ・ウニバンコ)をはじめ、計5つの銀行や送金サービス業者がRippleNet(リップルネット)に加盟したことを発表しました。

公式リリースはコチラ

提携戦略を加速させるリップル


リップルは、先日も中東最大級の送金サービス「UAEエクスチェンジ」や中国の大手決済サービス「連連」などとの提携を発表したばかりですが、新たに4ヶ国5つの銀行および送金サービス業者との提携が明らかになりました。

今回はブラジル、インド、シンガポール、そしてカナダです。

公式リリースによると、ブラジル最大の銀行「Itaú Unibanco(イタウ・ウニバンコ)」とインドの大手銀行「IndusInd(インドゥスインド)」の2つの銀行に加えて、シンガポールの送金プロバイダー「InstaReM(インスタレム)」、そして今急速な成長を遂げているグローバル送金プロバイダーであるブラジルの「Beetech(ビーテック)」とカナダの「Zip Remit(ジップ・レミット)」の計3社が、リアルタイムの国際送金を手助けするリップルのプラットフォームを採用するといいます。

「xVia」や「xCurrent」を活用

BeetechとZip Remitは、リップルの「xVia」を使って、個人の国際送金を手軽にしたいとの考えているようです。一方、IndusIndとItaú Unibanco、InstaReMは、金融機関のリアルタイム国際送金システムにリップルの「xCurrent」を採用し、世界中の他の金融機関に対してより迅速かつより透明性の高いクロスボーダー支払いを提供するとしています。

InstaRemのCEOであるPrajit Nanu(プラジット・ナヌ)氏は、次のように述べました。

同社がリップルネットに加わり、他のリップルネットメンバーのために東南アジアへのさらなる橋渡しの役割を果たすことに興奮している。なぜなら、リップルのネットワークに参加する企業が、インスタレムの成長を続けるネットワークを利用できるようになるからだ。これでリップルネットのメンバーは、当社の安全な回路を使って東南アジア諸国で多数の送金ができるようになる。

InstaRemは世界中の30億人以上の人々に資金を送金することができ、そのサービスに頼っている企業や個人は40,000以上と増えてきています。 RippleNetに参加することで、InstaRemはより迅速で安価で透明性の高い決済を提供することができます。

リップル社の事業開発部門の責任者であるPatrick Griffin(パトリック・グリフィン)氏は、この新しい提携関係は特に新興市場の利用者を手助けするとして、以下のように説明しています。

アメリカで働く教師がブラジルにいる家族に送金をしたい場合でも、インドの小さいビジネスのオーナーが他の国に支店を開くためにお金を移動させたい場合でも、絶対に必要なのは、利用者を妨げるのではなく、利用者に利益をもたらす送金システムに世界の金融機関をつなげていくことだ。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿