BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

暗号化取引プラットフォームのロビンフッドが手数料ゼロの仮想通貨取引をスタート

暗号化取引プラットフォームを運営するアメリカのRobinhood(ロビンフッド)は、22日よりビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を手数料ゼロで取引できる「Robinhood Crypto(ロビンフッドクリプト)」を一部ユーザー向けにスタート。Robinhoodは2月中旬に世界的に有名なラッパーのJayZが投資したことでも話題を集めました。

アメリカ内5州にてサービス開始

モバイルの株式トレーディングアプリサービスを提供するRobinhood。新たに開始された手数料ゼロの仮想通貨取引サービスはアメリカ内の5つの州(カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州、ニューハンプシャー州)で利用可能となっており、今後はサポート対象の地域を拡大していく予定です。

取り扱い通貨は?

現状Robinhood Cryptoのアプリユーザーは、取引できない通貨も含めて16種類の通貨の価格をチェックできます。通貨の種類は以下の通りです。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
ジーキャッシュ(Zcash/XEC)
モネロ(Monero/XMR)
ダッシュ(Dash/DASH)
ステラ(Stellar/XLM)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)
オミセゴー(OmiseGo/OMG)
ネオ(NEO)
リスク(Lisk/LSK)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)

400万人を超える口座開設契約

Robinhoodは顧客から払い込まれた資金や証拠金取引の金利で利益を得るビジネスモデルを採用しており、手数料を無料にして利益を損益分岐点まで押さえ込むとのこと。既に400万人を超える口座開設契約があり、これらのユーザーを仮想通貨取引に引き込むことを狙います。
さらに、ユーザー同士が仮想通貨市場のニュースやトレンドの情報交換や議論ができる掲示板のようなサービス「Robinhood feed(ロビンフッドフィード)」も立ち上げています。「手数料無料」という革新的な仮想通貨取引所。世界中へ広まることを期待するユーザーも多そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP