ニュースまとめ

SegWitを完全にサポートするビットコインコア0.16.0がリリース

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の公式クライアント(ウォレットの一種)となるビットコインコア。2月26日、ビットコインの性能処理を向上させる「SegWit(セグウィット)」を完全サポートした新たなバージョンとなるビットコインコア0.16.0のリリースを発表しました。

ビットコインのスケーラビリティを向上

ビットコインコア0.16.0は開発者のピーター・トッド氏により公式に発表されました。新たなバージョンの0.16.0では主にウォレット関連の機能の強化、なかでもSegwitのサポートが大きな変化となっています。
2016年11月にリリースされたビットコインコア0.13.1からフルノードとしてSegWitはサポートされていましたが、ウォレット機能ではサポートされていませんでした。それが今回の0.16.0からはビットコインコアのウォレットでもSegWitのUTXOの管理・新しいアドレスフォーマットBech32がサポートされるようになったとのことです。

ビットコインユーザーの声に応えるリリース

またビットコインコア0.16.0はSegWitのサポートに加えて、ソフトウェアのパフォーマンスを向上させるための新機能やバグ修正がおこなわれました。
2017年8月以来、ビットコインユーザーからはSegWitの実装により取引手数料や承認速度を向上させることを望む声が多くあがっていましたが、取引所やウォレットでの対応が遅れている状態でした。今回の0.16.0のリリースは多くのビットコインユーザーから注目を集めています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!