スターバックス、新決済アプリにブロックチェーン技術の導入を検討

世界各国に展開しているコーヒーチェーン店、スターバックスの会長ハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏は、新しい決済アプリの一環としてブロックチェーン技術を利用する可能性があると話しました。

ブロックチェーン技術をスタバの決済アプリに導入か

新たな決済アプリにブロックチェーン技術を導入する意思を見せているシュルツ氏は、アメリカのテレビ番組『フォックス・ビジネス』で「ブロックチェーン技術が今後軌道に乗り、スターバックスの統合アプリはそのトップになるだろう」と話しています。
シュルツ氏はデジタルカスタマーリレーションシップを拡大するためにはブロックチェーン技術が役立つことを示唆していますが、それがどのように利用されていくか具体的なことはまだ発表されていません。

ブロックチェーンで流通経路の情報を管理し、顧客への共有も可能に

ブロックチェーン技術は、仮想通貨による支払いを受け入れるために企業のゲートウェイとなりえます。またブロックチェーンにより公開管理されている元帳は、コーヒーやココアなどの製品を農場ごとに追跡する機能を備えている、倫理的に調達された食材の情報を管理・記録・共有することにも適しています。
若者からシニアまで幅広い層に人気のスターバックスでブロックチェーン技術が導入されれば、その注目度も飛躍的に上がることになりそうです。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信