ニュースまとめ

アリババの子会社がブロックチェーン技術を導入。輸入商品に関する情報の記録・管理をおこなう

中国最大のeコマース企業のアリババ。その子会社のLynx Internationalは、ブロックチェーン技術をクロスボーダー輸送ビジネスに導入することに成功したと発表しました。
同社によると、ブロックチェーンベースのシステムには、生産、輸送方法、税関、検査および第三者検証の詳細を含む輸入出荷に関するすべての関連情報が保持されているとのことです。

物流プロセスの合理化のためにブロックチェーン技術を導入

Lynxテクニカルリーダーのタン・レン氏は「ブロックチェーンの概念は最近表れたものであり、非常に幅広いアプリケーションに利用できるため、私たちは精度の高い一つの技術として考えています」と話しました。
アリババのブロックチェーン技術の導入は2017年12月以前から構想があり、同社の創業者ジャック・マー氏はブロックチェーン技術に重要な見通しを持っていたそうです。
そのため、今回のLynxの発表もアリババのブロックチェーンによる事業展開のための一つに過ぎないかもしれません。

Alibabaは、中国と世界のほかの地域に対応する2つの巨大なオンラインショッピングサイト「Taobao」と「AliExpress」を運営していることから、親会社が物流プロセスを合理化しようとしていることは間違いないようです。輸入ビジネスと並び、アリババはヘルスケアおよび食品の品質管理業界向けのブロックチェーンベースのプログラムも開始しました。

中国最大のネット通販事業でもブロックチェーンが活躍

一部の報道によると、Taobaoのモバイルアプリには項目の下部に「製品に関する情報の表示」リンクがあり、クリックすると製品の詳細な情報が表示されるようにアップデートされているそう。これにより、対象の商品が正当なルートから輸入されていることがわかります。
また、今のところ上海(Shangai)、深セン(Shenzhen)、広州市(Guangzhuo)、杭州市(Hangzhuo)、天津市(Tianjin)の港から30,000を超える輸入品に関する詳細な情報がブロックチェーンに記録されていると推定されています。
中国では既にブロックチェーン技術を活かした物流サービスが始まりつつあるようです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!