メッセンジャーアプリ「カカオトーク」がブロックチェーン関連の子会社を設立

韓国を代表するモバイルメッセンジャー「カカオトーク」を提供するカカオは、ブロックチェーン事業に進出するために子会社を設立。ブロックチェーン関連企業の投資などを通じ、直接ICOをおこなう可能性もあるといわれています。

カカオがブロックチェーン関連企業を設立。カカオコインも発行か

カカオの発表によると、ブロックチェーン開発投資専門の子会社として「カカオブロックチェーン(仮称)」の設立を進めているようです。社名や事業計画は今のところ未定ですが、今月中にも発足を正式に発表する予定とされています。
また、公式に発表されていないものの、関連業界ではカカオがICOをおこない「カカオコイン」も発行するのではという声もあり、テレグラムがICOを通じて9,000ウォンを調達した流れに続くという可能性も考えられます。

規制の厳しい韓国の企業がどのように展開するか

現在、ICOが規制されている韓国。そのため、ブロックチェーン関連企業の設立のための資金調達として、シンガポールや香港などの海外でICOを進めるという方法も考えられます。
厳しい規制が設けられている韓国の企業がブロックチェーン技術の関連企業を設立することでどのような動きが見られるか、今後も注目していきたいニュースです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰