メルセデスベンツのメーカー、独自の仮想通貨を発表

メルセデスベンツで有名なドイツの自動車メーカー「Daimler AG(ダイムラー)」は、スペインのバルセロナで行われた展示会「Mobile World Congress 2018」において、ブロックチェーンをベースにした独自の仮想通貨「MobiCoin」について明らかにしました。

公式サイトはコチラ

環境に優しい運転手に報酬としてMobiCoinを

ダイムラーは、ドイツのシュトゥットガルトに本拠を置く、メルセデスベンツのメーカーとして有名な世界的自動車メーカーです。
仮想通貨「MobiCoin」のプロジェクトは2月中旬から開始されており、環境に配慮した運転を推進するものだといいます。アプリを通じて、ドライバーの運転データが保存され、他のドライバーと共有します。
このプロジェクトは、今後3ヶ月間テスト段階に入り、環境に優しく、安全な運転をするドライバーにはMobiCoinで報酬が支払われます。なお、MobiCoinを多く所有するドライバーは、メルセデスカップ決勝のチケットやDTMレースのVIPチケットが受け取れるそうです。

ダイムラーは、ルクセンブルクに拠点を置くビットコインを含めたデジタル決済プラットフォーム「PayCash Europe SA」を買収し、Hyperledgerブロックチェーンプロジェクトのプレミアムメンバーとして参加が決定しています。

先日はポルシェやBMWの発表も

この他にも、同じくドイツの自動車メーカーのポルシェがブロックチェーンに基づいた新しいビジネスモデルの開発に取り組んでいることを明かし、BMWも、ブロックチェーンベースのサプライチェーン強化プラットフォーム「VeChain」との提携を発表しました。
ドイツの自動車メーカーによるブロックチェーン技術への高い関心が伺えます。

関連記事はコチラ

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!