台湾のファーイースタン航空、航空券の支払いに仮想通貨を導入

台湾のファーイースタン航空(遠東航空/FAT Taiwan Inc.)は、航空券の支払方法として仮想通貨を導入すると発表しました。台湾の航空会社で仮想通貨決済ができるようになった初めてのケースとして注目を集めています。

台湾で初めて仮想通貨決済を可能にした航空会社

ファーイースタン航空は、航空産業に仮想通貨決済を広めるパイオニアになることを目指し、航空券およびその関連サービスについてビットコイン(BTC)での決済を可能にすると発表。
FATの代表Zhang Gangwei氏は「仮想通貨を広く利用することで、航空ビジネスや宿泊業、OTA(オンライン旅行代理店)など観光業に新たな未来を導くでしょう」と話しています。

ユーザーの期待に応え、新たなクライアントの獲得へ

FATは台湾を拠点に中国や日本、カンボジア、フィリピン、韓国など東アジアや東南アジアへのフライトを展開しています。そのため、国外からチケットを購入したいユーザーにとっては台湾ドルに両替する作業や手数料がなくなったと喜びの声が上がっています。また、仮想通貨での支払いが可能になったことで、投資家やトレーダーなど新たなクライアントの獲得につながると期待が寄せられています。

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!