ロシア、2018年7月までに仮想通貨を合法化へ

ロシア当局は、仮想通貨市場を合法化する新たな法案を、今年の夏までに可決する予定です。ロシア連邦議会の公式発表によれば、プーチン大統領は、仮想通貨関連法案の採択期限を2018年7月1日に設定しています。

ロシアは国を挙げてブロックチェーン技術を推進

具体的には、これまでに開発されてきたブロックチェーン技術に関する2つの法案を指しています。ロシア財務省は、ICO(Inicical coin offering)の法的ガイドラインに焦点を当てていますが、一方でロシア中央銀行はクラウドファンディングを別法案として出しています。

両当局は、仮想通貨を規制する方向には意見が一致していますが、仮想通貨取引に関する考え方で意見の食い違いが生まれているようです。中央銀行は本質的に仮想通貨取引に参加する小売業者および投資家を好んでいないと見えます。

両者の意見の食い違いに関して、ロシア国家院金融市場委員会の議長である Anatoly Aksakov(アナトリー・アクサコフ)氏は「中央銀行は、この手のデジタル通貨の合法化に反対している。なぜなら、市民が仮想通貨のリスクを考慮せずに、無計画に次から次へと投資してしまうからだ。」と説明しました。

これに加え、今月ロシア連邦議会に提出されるデジタル資産に関する法案では、仮想通貨のマイニング事業に関するルールの確立を目指しています。
個々の起業家や投資家は、法的に認められた団体によって設立されたマイニングプールに参加することが許可されます。
青年会議専門家会議の議長である Alexei Mostovshchikov (アレクセイ・モストブシュヒコブ)氏は「産業鉱業の基準に該当しない、仮想通貨のマイニング事業を行うことができる。中央銀行と財務省、双方の法案が今月中に議会へ提出される。」と述べました。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!