NEM財団、流出したNEMの追跡用モザイクを無効に

NEM財団は、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)のハッキングによって流出したXEMの追跡用モザイクの送信を停止したことを明らかにしました。 理由などの詳細は捜査に関わるため公表しない模様です。

公式サイトはコチラ

詳細は非公表

NEM財団は、Coincheckの盗難からのXEMの動きを監視するために配置された追跡用モザイクを3月18日より無効にしました。これまでの追跡の努力は、盗難されたXEMを清算しようとするハッカーの能力を抑えるのに効果的であり、法執行機関に有益な情報を提供したと述べる一方で、今回停止した理由など詳細については、慎重な調査のため公開する予定はないとしています。

NEM財団は、非営利団体としてNEMブロックチェーンソリューションの開発と普及を促進することに尽力しています。分散型NEMプロトコルは非常に安全であり、設計どおりに機能しているといいます。これまでもユーザーや取引所と協力して、NEMの組み込みセキュリティ機能を活用。業界標準のベストプラクティスを採用してサイバー攻撃から保護し、セキュリティプロトコルを改善してきたと述べています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰