Googleが自社のクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術の開発へ

検索エンジンやオンライン広告を始め多様なサービスで世界的に有名なGoogle(グーグル)が、ブロックチェーン(分散型デジタル台帳)関連技術の開発に取り組んでいることが明らかになりました。

Googleのクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術を開発中

アメリカのカリフォルニア州に本部を置くGoogle社は、ブロックチェーン技術の開発をおこなうスタートアップとの開発競争に参入するため、自社のクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術の開発を進めています。「改ざん防止」監査システムとクラウドオペレーションプラットフォームの2つブロックチェーンプロジェクトにより、ユーザーのデータ管理体制を強化・他社サービスとの差別化を図るとされています。

Googleがブロックチェーン技術で新たな時代をつくるか

Googleは以前からブロックチェーン技術への関心を示しており、Ripple社への投資をはじめさまざまなブロックチェーン起業への投資を積極的におこなってきました。
インターネットのあり方や常識を大きく変えたGoogleが、今度はブロックチェーンを利用してさらなる進化を見せてくれるかもしれません。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信