Googleが自社のクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術の開発へ

検索エンジンやオンライン広告を始め多様なサービスで世界的に有名なGoogle(グーグル)が、ブロックチェーン(分散型デジタル台帳)関連技術の開発に取り組んでいることが明らかになりました。

Googleのクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術を開発中

アメリカのカリフォルニア州に本部を置くGoogle社は、ブロックチェーン技術の開発をおこなうスタートアップとの開発競争に参入するため、自社のクラウドサービスに応用できるブロックチェーン技術の開発を進めています。「改ざん防止」監査システムとクラウドオペレーションプラットフォームの2つブロックチェーンプロジェクトにより、ユーザーのデータ管理体制を強化・他社サービスとの差別化を図るとされています。

Googleがブロックチェーン技術で新たな時代をつくるか

Googleは以前からブロックチェーン技術への関心を示しており、Ripple社への投資をはじめさまざまなブロックチェーン起業への投資を積極的におこなってきました。
インターネットのあり方や常識を大きく変えたGoogleが、今度はブロックチェーンを利用してさらなる進化を見せてくれるかもしれません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰