福岡県のまつりでブロックチェーンを用いた地域通貨の実証実験を導入

2018年4月1日に福岡県嘉麻(かま)市で開催される「さくらまつり」において、ブロックチェーンを用いた地域通貨の実証実験がおこなわれることが発表されました。来場した消費者を対象にスマートフォンにチャージしたコインで屋台の商品を購入してもらうというものです。

さくらまつりの屋台では、地域通貨による決済を導入

この実証実験は、嘉麻市の市民会社である株式会社かま株式会社NTTデータが、地方創生プラットフォーム構想の一部として実施。
実験で用いられる電子地域通貨はNTTデータより提供され、「さくらまつり」に来場した利用者のスマートフォンで商品のQRコードを読み取ることで支払いを実現するとしています。これにより、決済利便性向上や生産事務の効率化をはかると同時に、購買行動のリアルタイム把握によるマーケティングへの活用可能性を確認。さらにサービスの商用展開の実現可能性について検証もおこなうそうです。

地域×仮想通貨の親和性

仮想通貨や地域独自の通貨を発行することは、地域活性化にも効果的なのではという声が多く上がっています。今回の実証実験はイベント内のみの利用ですが、今後利用できる範囲が広がっていけば、ゆくゆくは町や市・県単位の地域通貨につながっていく可能性もあります。
また、消費者もQRコードを用いる決済方法にふれることで、より仮想通貨および地域通貨を身近に感じられるのではないでしょうか。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰