米スターバックス、ブロックチェーン技術でコーヒー豆の追跡実験を開始

世界的なコーヒーチェーン店のスターバックスは、コーヒー農家で生産された豆が物流プロセスに載る情報を記録・共有しながらコーヒー豆を追跡するプログラム「Bean to Cup」を開始しました。ブロックチェーン技術を利用することで、トレーサビリティ(追跡可能性)の向上を図るとしています。

生産元から消費者に渡るまで、コーヒー豆の流通経路をリアルタイムで管理

アメリカのスターバックスで開始されたコーヒー豆の追跡プログラム「Bean to Cup」。コーヒー農家で生産されたコーヒー豆が物流プロセスに載る情報をリアルタイムで記録、共有されます。これにより小規模農家のデータを蓄積するだけでなく、物流プロセスのトレーサビリティの向上をはかることで得られる効果の検証をおこなうそうです。

コーヒー豆農家の利益を確保し、支援をおこなうスターバックス

スターバックスは2015年からコーヒー農家の継続的な利益の確保を目指し、持続的なコーヒーチャレンジをおこなってきました。
スターバックスのCEOであるケビン・ジョンソン氏は「今後2年間で、技術革新的なデータプラットフォームがどのようにコーヒー農家に財政的に良い影響を与えるのかを実証する予定です」と述べうえで、 「私たちはオープンソースを活用して学んだことを、世界へ広く共有します」と話しました。

生産元の支援・利益の保護が大切

コーヒー豆のスケーラビリティを向上させることで、安全性や流通プロセスが管理されるため消費者にとっても良い影響があらわれそうです。価格競争により野菜や生鮮食品の生産元までしわ寄せがいってしまうケースが少なくないですが、スターバックスのように生産元を支援し利益が保護されるような働きかけが、ブロックチェーン技術で増えていくといいですね。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰