仮想通貨をかけて謎解き!暗号を秘めた絵画発売

アーティストのAndy Bauch(アンディ・バウチ)氏は、アートと仮想通貨を組み合わせた新たな絵画シリーズ「New Money(ニュー・マネー)」を発表しました。これはLego(レゴ)ブロックのアートワークに抽象的なコードを隠したもので、それぞれの絵画には最高で9,000ドル(約94万円)相当の仮想通貨の秘密鍵(プライベートキー)を表しているといいます。

暗号を解読できれば仮想通貨を自分のものにできる!

これらの作品を購入したからといって、仮想通貨が手に入るわけではありません。絵画に隠された暗号を解読した者のみ、その仮想通貨を所有することができるのです。ただし、Bauch氏は絵画の購入者には「ヒント」を与えると語っています。

ロサンゼルスのthe Castelli Art Space(カステリ・アート・スペース)で23~25日にかけて開かれたこの作品展では、各プライベートキーの仮想通貨の価格変動を示すライブ映像も流されました。それぞれの絵画は、プライベートキーのウォレットが持つ価値とは無関係に、1,500〜4,800ドルで販売されています。

Bauch氏によれば、自身は2013年に仮想通貨に興味を抱いたものの、「この通貨を買うだけの才覚を持ち合わせていなかった」とのこと。Bauch氏は、今回のアート・プロジェクトのために、2016年からビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)などさまざまな仮想通貨を買い始めたそうです。そしてそれらのプライベートキーを使い、アルゴリズムによって抽象的パターンを生成。秘密コードを崩さない範囲でアートとして手を加えました。

INKプラットフォームのCEOであるDaniel Zhai氏(ダニエル・ザイ)氏は、「仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は、アーティストが自身のプロジェクトの所有権を主張するのに役立てることができる」と述べています。また、昨年12月には、同社のブロックチェーンに基づくプラットフォームは、アーティストがプロジェクトをトークン化することにも役立つほか、仮想通貨のクラウドファンディングのスペースも提供できる可能性があるとも語っています。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信