自動車メーカーのフォード、ブロックチェーン技術で交通渋滞緩和の特許出願

アメリカの自動車メーカー「Ford(フォード)」は、ブロックチェーン技術を用いた通信システムによって交通の流れを促進する特許を出願しました。

独自トークンの交換で交通渋滞を緩和できる!?

フォードが行った特許出願によれば、「交通渋滞は、交通の流れが個々の移動時間の好みを重視する人間のドライバー心理によって悪化するときに生じる」とあります。特許では、「協調型合流追い越し管理(CMMP)」システムにより、個人の好みへの対処方法が提唱されています。

この通信システムと協調型車間距離維持支援システム(CACC)を搭載した車両は個々の車両と通信し、独自トークン「CMMP」を交換します。これによって、車の優先事項を「交通量の多い道路を走行すること」から切り替えられるといいます。例えば、ある車両が速度の遅い車両用の車線を使用したり、また、別の車両が必要に応じて専用車線に合流したり追い越したりすることを可能にします。
また、ドライバーが「予定よりも遅れて走行している」場合は、リクエストを入力し、一定数のトークンを支払えばその後10分間は車両を追い越すことができ、交通の流れを良くすることに協力したドライバーは、他の参加者からCMMPトークンを受け取ることもできるのです。

交通渋滞緩和を図る取り組みとして大変興味深いですね。

過去の関連記事

ポルシェが車両にブロックチェーン技術を導入

メルセデスベンツのメーカー、独自の仮想通貨を発表

BMW、ブロックチェーン企業と2社目の提携

自動車関連スタートアップのアザパ、車のデータをブロックチェーンで管理

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰