ニュースまとめ

オンラインウォレット「アップホールド」でリップル(XRP)の売買が可能に!

オンラインウォレット「Uphold(アップホールド)」は、プラットフォームに新たにRipple(リップル/XRP)を追加すると発表しました。これにより、プラットフォームのメンバーはXRPの売買が可能になります。

XRPの取引場所が増える

「Uphold(アップホールド)」は、オンラインのウォレットサービスです。気軽に国際送金できるサービスとして人気があります。
円やドルなどの法定通貨をはじめ、ビットコイン(BTC)を含むいくつかの仮想通貨の入出金に対応。プラットフォームには現在、30種類以上の通貨が登録されていますが、さらにRipple(リップル/XRP)が加わることになりました。

アップホールド社のCEOであるAdrian Steckel(エイドリアン・ステッケル)氏は「XRPの需要は大きく、アップホールドはXRPのアクセスを容易にする初めてのプラットフォームとなる」と発表。アメリカではXRPの取引が可能な唯一のプラットフォームとなるようです。アップホールドのメンバーはポートフォリオでXRPを保有することができ、これによって売買も可能になりました。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。