オンラインウォレット「アップホールド」でリップル(XRP)の売買が可能に!

オンラインウォレット「Uphold(アップホールド)」は、プラットフォームに新たにRipple(リップル/XRP)を追加すると発表しました。これにより、プラットフォームのメンバーはXRPの売買が可能になります。

XRPの取引場所が増える

「Uphold(アップホールド)」は、オンラインのウォレットサービスです。気軽に国際送金できるサービスとして人気があります。
円やドルなどの法定通貨をはじめ、ビットコイン(BTC)を含むいくつかの仮想通貨の入出金に対応。プラットフォームには現在、30種類以上の通貨が登録されていますが、さらにRipple(リップル/XRP)が加わることになりました。

アップホールド社のCEOであるAdrian Steckel(エイドリアン・ステッケル)氏は「XRPの需要は大きく、アップホールドはXRPのアクセスを容易にする初めてのプラットフォームとなる」と発表。アメリカではXRPの取引が可能な唯一のプラットフォームとなるようです。アップホールドのメンバーはポートフォリオでXRPを保有することができ、これによって売買も可能になりました。

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信