仮想通貨マイニング工場が東京に。マイニングマシンの消費電力20%カットに成功

株式会社ゼロフィールドは、2017年に商品化したマイニングマシンの研究開発および工場施設を東京都大田区に設置。マイニングの消費電力を20%カットすることに成功したと発表がありました。

マイニングマシンの大幅なコストダウンに成功

仮想通貨のマイニングマシンを運用する上で消費電力のコストが重要課題になっていました。
ITサービスを提供する株式会社ゼロフィールドは、2017年に商品化したマイニングマシンで独自のチューニングによる研究開発を行い、547kWhかかっていたマシン1台分の消費電力量を446.4kWhまでカットすることに成功。マイニングの消費電力を20%カットしたことになります。
研究開発が進むことにより、さらなるコストダウンが期待されます。

また、研究開発の拠点として工場を設置したのは、東京都大田区。消費電力の大幅カットに成功したことにより、都心での導入など環境を選ぶことなく多くの参入機会が増えることが見込まれます。

「東京」を研究拠点に選ぶ理由とは

・首都圏での運用により、仮想通貨市場における多くの参入機会を提供するため。
・人が多く集まる東京に研究施設を設置することで、多くの高い技術力を持った人材を効率的に確保。
・研究場所と工場を同じ場所にすることで、生産性向上による満足度やより良いサービスの提供を実現。

株式会社ゼロフィールドについて

社名:株式会社ゼロフィールド
所在地:東京都港区高輪3-25-29 The site品川14
代表者:代表取締役 村田敦
事業内容:システム設計、受託開発事業、ITサービス運営事業
会社HP:http://zerofield.biz/ 
サービスHP:http://minerfield.com/

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!