中国石油大手シノケム、石油取引をブロックチェーンで監視

中国の大手石油企業シノケムの子会社がガソリンの出荷にブロックチェーン技術を採用したことが明らかになりました。

ブロックチェーン技術を利用したガソリン輸送に成功

中国の国有石油企業のシノケムの子会社「シノケム・エナジー・テクノロジー」がブロックチェーン技術を使い中国の福建省泉州からシンガポールへのガソリン出荷に成功しました。

今回の取引の主要参加者は、すべてにおいてブロックチェーンアプリケーションを導入しており、商品取引では初めての事例です。
この技術は、石油などのエネルギー取引にかかる時間を短縮し、主要な文書をデジタル化することによってコストを削減すると見られています。

なお、シノケムは、2017年12月にはブロックチェーン技術を用いた石油の輸入取引を行いました。

関連記事

中国のIT省、ブロックチェーン技術の標準化を望む

アリババの子会社がブロックチェーン技術を導入。輸入商品に関する情報の記録・管理をおこなう

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰