韓国が独自の仮想通貨「S-Coin」の発行を検討

韓国の首都ソウル市で独自の仮想通貨「S-Coin」発行を計画していると、市長のPark Won-soon(パク・ウォンスン)氏が明らかにしました。

ソウル、ブロックチェーン技術で都市改革

ソウル市独自の仮想通貨「S-Coin」は、公務員や若手求職者、さらには電気、水道、ガスの節約で環境保全に努める市民を対象とした雇用支援など、ソウル市が出資する社会福祉プログラムに使用することができる予定です。
また、独自の仮想通貨の発行計画は、ブロックチェーン技術の発展やその技術を使い、自国企業の発展などの都市改革の計画も含まれるようで、ブロックチェーン技術を産業に導入する都市は、韓国の中でソウル市が初の試みとなります。

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!