国産のビットコイン用マイニングASICチップ「KAMIKAZE」開発

株式会社TRIPLE-1は、世界で初めて7 nm(ナノメートル)プロセス技術を使った仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)用マイニングASICチップ「KAMIKAZE」の設計を完了したことを発表しました。

消費電力の大幅な削減に成功

仮想通貨マイニングにおける課題として、莫大な電力消費が挙げられますが、ASICチップ「KAMIKAZE」は、従来のチップに比べ50%以上の省電力化と処理速度4倍という高性能化を実現。従来のチップとほぼ同サイズでありながら、7 nmプロセスの使用により回路の密度は5.2倍の超高密度となっています。
「KAMIKAZE」のサンプルチップは2018年の8月に、量産チップは10月に出荷される予定です。
2019年度には月産1,000万個を目指しており、「KAMIKAZE」を組み込んだ量産型マイニングマシンの開発も同時に行っているそうです。

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信