ヤフーが仮想通貨事業に参入。今秋にサービス開始

ヤフーの完全子会社であるZコーポレーションは4月13日(金)、仮想通貨交換業者であるビットアルゴ取引所東京に資本参加することを発表しました。同取引所は2018年秋にサービスを始めるとしています。

ヤフーグループのサービス運営やセキュリティのノウハウを生かす

ヤフーは子会社のZコーポレーションを通じてビットアルゴ取引所東京の株式40%を取得。4月中での出資実行を予定しているようです。
 
ビットアルゴ取引所東京は、2017年5月に設立された仮想通貨取引所です。金融庁からの仮想通貨交換業者の登録を受け、現在サービス開始の準備を進めているといいます。

これにより、ヤフーは遂に仮想通貨事業へ参入することとなります。ヤフーは「グループが持つセキュリティーのノウハウを活用して、利用者にとって使いやすく安全なサービスを提供したい。」と述べています。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰