韓国のサムスン、サプライチェーンにブロックチェーン活用へ

韓国のエレクトロニクス大手Samsung(サムスン)は、グローバルなサプライチェーンにブロックチェーン技術を活用する方針であると明かしました。

出荷コスト20%削減の可能性

サムスングループでIT事業を手掛けるサムスンSDSは、ブロックチェーン技術によって出荷コストを20%削減できると見積もっており、昨年発表したトランザクション管理ツール「Nexledger」といったブロックチェーン技術を活用していくことになるとみられます。

サムスンSDSの副社長でブロックチェーンを担当するソン・カンウ氏は以下のように述べました。

製造業のサプライチェーンに大きな影響を及ぼすだろう。ブロックチェーンは、私たちの取引を支える中心的なプラットフォームである。

サムスンのグローバルなサプライチェーン全体をブロックチェーンに置き換えると、その規模は18年で航空貨物48万8,000トン、輸送コンテナ100万個にのぼり、中には、サムスン電子のスマートフォンなどの消費者向け製品も含まれます。

サムスンは昨年11月に、韓国政府との間で「福祉、公共の安全、交通」に焦点をあてたブロックチェーンプラットフォームを2022年までに構築するとの協定を結んでいます。また、今年はマイニング用のASICチップを製造するBitmain(ビットメイン)やハロン・マイニングと提携し、仮想通貨業界で新たな協力を模索しているようです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰