中国のHuawei、新たなブロックチェーン商品を発表

スマートフォンなどハードウェア業界を牽引する中国企業Huawei(ファーウェイ)がHyperledger(ハイパーレッジャー)と共同で新たなブロックチェーンサービスを提供するとの発表がありました。

スマホメーカーのHuaweiがブロックチェーンサービス

Hyperledger(ハイパーレッジャー)は、オープンソースのブロックチェーン運営コミュニティです。2015年、Linux Foundation(リナックス財団)によって設立されました。開始以来、主要企業100社以上と協力し、多くの提携が行われています。

Huaweiは、今回の発表の1ヶ月前には、Hyperledgerと共同でブロックチェーンの性能をテストするツール「Caliper(キャリパー)」を発表していました。
スマートコントラクトの開発に注力するHuaweiのブロックチェーンサービスは、パフォーマンス、汎用性、セキュリティの高い「企業や開発者向けのブロックチェーン技術プラットフォーム」と言われています。

Huaweiは、2017年5月にキャリパーの開発を始めて以来、Hyperledgerの主要なスポンサーとなっています。

公式サイトはコチラ

関連記事

中国のHuawei、ブロックチェーン基盤の「保険サービス」開発へ


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信