NASAが資金提供。宇宙探査機にブロックチェーン技術活用

アメリカ航空宇宙局(NASA)が、ブロックチェーン技術によって人間を介さずに意思決定を行う、自動操縦の宇宙探査機の開発に資金提供を行ったことが明らかになりました。

宇宙空間でもブロックチェーンが活用される

オハイオ州アクロン大学の電気・コンピュータ工学の助教授であるJin Wei Kocsis(ジン・ウェイ・コチシュ)氏は、NASAから33万ドル(約3,500万円)の研究助成を受けたそうです。
この研究プログラムでは、宇宙空間で使用する安全なコンピューターシステムの開発におけるイーサリアムベースのブロックチェーン技術応用を調査するといいます。

ジン・ウェイ・コチシュ教授は次のように述べました。

このプロジェクトでは、イーサリアムベースのブロックチェーン技術を活用し、宇宙探査に必要な安全性と認識性能の高い分散型のネットワーク・コンピューター・システムの開発を目指している。宇宙空間における危険を認識して回避し、さまざまな作業を自動で遂行する技術開発を行う。自分の研究がNASAに認められて光栄に思う。システムが自ら考え実行するという能力を備えた技術の開発に挑戦し続けることができて興奮している。

このシステムは「スマートコントラクト」を使用することで、宇宙探査機が自ら考え、浮遊する宇宙ゴミを自動で察知して回避することができるようになるとのこと。宇宙探査機が遂行できる作業が増え、より多くのデータが提供されることが期待できます。
今回の研究は、宇宙における通信分野でブロックチェーンの応用を検討する初めての試みとなります。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。