ダウ・ジョーンズがブロックチェーン活用へ。ブラウザ「Brave」と提携

ウェブブラウザを手掛けるアメリカのBrave(ブレイブ)は、アメリカのメディア大手Dow Jones(ダウ・ジョーンズ)のメディア部門「Dow Jones Media Group(ダウ・ジョーンズ・メディア・グループ)」と、デジタル広告でブロックチェーン技術をテストするパートナーシップを結んだと発表しました。

メディア・広告業界でブロックチェーンを有効活用

この提携により、ダウ・ジョーンズが提供する「Barrons.com(バロンズ)」または「MarketWatch(マーケット・ウォッチ)」をブレイブが開発したプラットフォームで配信するとしています。両社は、メディア・広告業界におけるブロックチェーンの有効活用に向けて実験を重ねていくようです。

Brave(ブレイブ)について

ブレイブの創設者は、ウェブブラウザ「ファイヤーフォックス」を手掛けるモジラの元CEOであるブレンダン・アイヒ氏で、広告をブロックするブラウザ「Brave」を開発しています。また、2017年6月に独自トークン「Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン/BAT)」のICOで、15万3,250 ETHを獲得しています。
Basic Attention Tokenの価格は1BAT=約40円です。(2018年4月20日現在)
このような独自トークンを発行している企業には注目しておくといいかもしれません。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰