SBI証券が参加する証券コンソーシアムがブロックチェーン活用の実証実験

「証券コンソーシアム」がSBI証券や楽天証券など証券会社を中心とした35社で発足。証券事務の検討やブロックチェーンを活用した実証実験の結果について確認が行われました。

証券コンソーシアム会長はSBIの北尾吉孝社長

証券コンソーシアムは、特にブロックチェーンに着目しており、生体認証やAI(人工知能)などの先端技術を活用した新たな金融インフラの構築、参加各社の業務効率化によるコスト削減や証券サービスの利便性向上を目的にしています。
現段階では、分散型台帳技術(DLT)を用いた本人確認の標準化、資金洗浄対策などの実証実験が行われているとのこと。

同コンソーシアムに参加する企業は以下の35社です。

藍澤證券、今村証券、岩井コスモ証券、エイト証券、SMBC日興証券 、SBI証券、岡三オンライン証券、岡三証券、岡三証券グループ、カブドットコム証券、QUICK、GMOクリック証券、証券ジャパン、スマートプラス、セコム、セコムトラストシステムズ、だいこう証券ビジネス、大和証券、東海東京フィナンシャル・ホールディングス、東洋証券、内藤証券、日本電気、野村総合研究所、野村ホールディングス、日立製作所、ポラリファイ、松井証券、マネックス証券、丸三証券、みずほ証券、三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券、むさし証券、楽天証券、ワイジェイFX 、One Tap BUY

コンソーシアムの会長はSBIホールディングスの北尾吉孝社長がを務め、カブドットコム証券、野村ホールディングス、楽天証券という3社の副会長企業を中心に幹事会を設置し、当面は3つのワーキンググループ(「KYC・本人認証WG」「共通事務WG」「DLT先端実験WG」)で最先端技術の研究と利活用を推進していきます。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。