韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb、独自トークン発行予定

韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)は、 ICOで独自トークン「ビッサムコイン」を発行する計画を明らかにしました。

シンガポールでトークンセール

昨年9月、ICOに絡む金融詐欺のリスクが高まっているとして、韓国の金融委員会(FSC)はICOの禁止を発表しました。
韓国国内でのICOが禁止されているため、Bithumbはシンガポールでトークンセールを行う予定とのこと。個人投資家ではなく大口投資家に焦点を当てているそうです。なお、いつトークンを発行するのか、どのくらいの規模になるのかは明らかにされていません。

独自トークンの発行は、韓国の仮想通貨取引所ではBithumbが初の試みとなります。韓国政府はICOを法制化する計画を明らかにしており、現地の金融当局は厳重な本人確認(KYC)とマネーロンダリング対策(AML)を確立する条件でICO合法化を検討しているようです。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信