駐車場シェアサービス「QRpark」がビットコイン決済を導入

株式会社パークリアルティは、駐車場業界で初となる仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を利用した決済サービスを4月23日(月)より開始しました。

駐車料金もビットコインで支払う

株式会社パークリアルティは、駐車場シェアサービス「QRpark」を提供。月極駐車場にQRコードを設置し、看板からお客様を誘導してウェブ決済にて駐車場をシェアするサービスです。
ビットコイン保有者や使用可能な店舗が増加する流れを受け、さらなる顧客満足度の向上と新規顧客の獲得を目的としてビットコイン決済を導入。「QRpark」のアプリ版にて開始しました。(ビットコイン決済を利用するためには専用アプリのダウンロードが必要となります。)
現在1,400ヶ所、合計約3,600台の利用が可能なウェブサービスを順次アプリ版へ移行中とのこと。ビットコイン対応の「QRpark」は年内に全国4,000ヶ所、10,000台を供給予定です。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰