【ニュース】ビットコインのハードフォーク「SegWit2x」の11月実施が延期

11月に実施が予定されていたビットコイン(Bitcoin/BTC)のハードフォーク「SegWit2x」が延期されたようです。

「SegWit2x」はビットコインの1ブロックの容量を2倍に増やし、取引処理の速度改善などを図る試みとして検討がされてきましたが、分岐時におけるリプレイアタックへのリスク回避が十分ではないままハードフォーク実施の可否が問われていました。

ビットコインのエコシステムをユーザーや取引所などのステークホルダーの合意なく行うことは、ビットコイン市場全体に混乱をもたらします。
今回の延期はリスク対策も万全ではない中で実施には時期尚早という判断がなされたのでしょう。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)も今回の延期に対して賛同の表明をしています。
BITDAYSでも引き続きこの問題をウォッチしていきます。

bitFlyer社の発表はこちら

bitFlyer社のTwitterはこちら


BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰